白髪染めはいつからするか問題

40代、最近白髪で悩んでいる。

…最近、と書いたが、そういえば悩んでいるのは30代に入ってからだ。
当初は「産後は白髪が増えるっていうからかな?」くらいに思っていた。

3年が経ち、今度は「仕事、家事育児の疲れかな」と思うようになった。

そして30代半ばを過ぎ、「このまま40代に入り白髪が増えるのだろう」とあきらめの境地に。

ただ、私の白髪のある場所は、髪の毛を書き上げた内側のほう。
誰かが私の髪の毛を書き上げる心配もほとんどなく、
家族すらやらないであろう。

でもお風呂上りに濡れた髪をドライヤーにかけているとき
どうしてもそのかき上げた部分の白髪に向き合ってしまうのだ。

そして思い出すのは、自分の体に状態が似ているであろう、母のこと。
そういえば母は40代から白髪を染めていた。

白髪染めを手伝ったこともあるし、美容院に行くというので留守番したことも覚えている。

その時に母がどれほど悩んでいたかは考えたことがなかった。
今、母と同じ年代になってそれに己が直面している。

自分で染めて失敗したらいやだと思い、
美容室に行ったときに、毎度毎度白髪のことをちょっと聞いていた。
そうすると必ず「ん~お客様の場合、それほど気にならない量ですよ」って言ってもらえる。

私はカラーリングはしたいので、それで一緒に染まってしまえばいいかと思って毎度それで終わったりするのだが、
徐々に美容師さんもわたしのしつこさに根負けしたのか、
「上のほう、メッシュ状に明るい色で部分的に染めると、白髪が目立ちにくいですよ」とか言ってくれるようになった。
結局は「心理的に白髪が目立たなくなれば良い」くらいの状態だったのだろう。
メッシュ状にするということは「2色以上」で染めるのでちょっと料金はお高くなるが、精神的にはとっても楽になり、自分では普段しようと思わないメッシュなどというおしゃれな響きのスタイルになったことも満足感は高く、しばらく白髪が気にならなくなった。

でもそれも2週間ほど。
カラーリングは徐々に落ちていくのだ。

そんな折、これまた血縁の近い、いとこたちに会うことがあった。
2歳下、3歳下の30代後半の女性たちだ。

白髪出てこないの?と聞いたら、もうがっつり白髪染めを毎度しているとのこと。
驚いて髪の毛を良く見たところ、黒ではない、白に色を乗せた髪の毛がちらほら見える。
言われてみれば、元が白髪だったのがわかる髪の毛が、表面に結構出ていて、
「これって私より白髪が多いんじゃない?!」と私より年下の子達だっただけにびっくりした。

美容師さんに「まだ白髪染めには早い」とか言われて
ええ~そうなのかな~なんて迷った振りしつつも
ちょっと喜んで結局白髪染めはせずに日々を過ごしてきたことが
無駄だったのではないかと思ってしまった瞬間だった。

それからは何を言われようと染めるときは「白髪染めで」。
「白髪染めは歳をとった証拠」なんて思わずに、さっさと染めていたほうが、
日々の悩みは「根元が生えてくるまで」は軽くなるのだった。

部分白髪はマスカラ状のSUNA式部染めで!

早朝散歩と足浴で頭がスッキリ、テキパキ動けるようになります。

自宅待機で運動が減り、もともと冷え性なので、寒さもあって足が冷たくなります。
そうすると仕事をするにしても頭が冴えず、何をするにしても効率が上がりません。
それがストレスになっていました。
運動不足解消の目的で昨年から、できるだけ人にもすれ違いずらい、早朝に1時間ほど散歩をするようになりました。

今の時期は寒いので、朝方散歩に行くと足は冷たくなってしまいます。
ある日、ふと思いついて足浴をしてみました。
特別なことは何もないのですが、洗面器に水を入れ、そこにヤカンで沸かしたお湯を足しながら足湯をします。
その日の気分でラベンダー、ローズマリーなどのアロマオイルを垂らします。
なにか好きな飲み物を飲みながら、ぼーっとしたり、読書をしながら10~20分足をつけます。

そうすると身体が温まり、頭がスッキリします。
私の場合、ほぼ一日、効果が持続します。
私は今この二つで日々のストレスを解消しています。
エコなストレス解消で助かっています。

以前、あるプロジェクトで任されていた仕事を失敗してしまったことがあります。
この失敗により、チームメンバーの仕事にも影響が与えてしまい、とても迷惑をかけてしまいました。
失敗による恐れがストレスとなり、この時は精神的に不安定になってしまい、寝つきも悪くなって頭痛を起こすようになるなど、体調面にも影響が出てしまったほどでした。
失敗によるストレスを解消する方法として、私は同じような失敗またはそれ以上の失敗をした体験談をネットで調べるようにしています。

体験談を見ることによって、失敗しているのは自分だけではないことがわかり、気持ちが落ちつくようになります。
一度、気持ちが落ち着くと、失敗を引きずるのが馬鹿らしくなり、同じ失敗を二度としないようにと対策を考えるだけの余裕も生まれるようにもなります。
精神や体調も少しずつですが回復していきますし、その結果、似た仕事での失敗はなくなり、自分が一段階成長したのを強く感じました。

敏感肌のあなたにも健やかな肌をサポートするトライアルキット!

新発想の毛穴ケア2選

最近、新発想の毛穴ケアが次々出ていますね。やはり毛穴レス肌は女性の憧れ…ということでなんとかしようと悩んでいる人が多いということでしょうか。何年か前に「いちご鼻」という衝撃的な言葉が登場しましたしね。初めて目にしたときは、言い得て妙だけど、ショッキングでした。

毛穴の目立たない毛穴レス美肌を目指すには、2つのことを同時に実現する必要があるそうで。1つは、汚れを落とすこと。2つ目は保湿。

毛穴の黒ずみの原因は、落としきれなかったメイクや、過剰に分泌された皮脂。これらがいつのまにか毛穴に溜まって詰まってしまうのだそうです。これに対して、開き毛穴の原因は乾燥。そういえば、うるもち肌では毛穴って目立たないかも。つまり、毛穴レス美肌を目指すには、メイクなどの汚れをきっちり落としつつ、十分に保湿をすることなんだそうです。

とはいえこれってけっこう難しい。あまりに洗浄力の高いものを使うとメイクだけでなく、お肌の潤いのもととなる美肌菌など、美肌作りの要素となるものまで落としてしまうので、余計に乾燥肌になってしまって毛穴が目立つ羽目になりかねない。保湿しながら汚れを落とすという課題をどうクリアするかが問題です。

そこで最近開発されたのが、洗剤を強力にするのではなく、汚れや油を吸着する力のある炭や泥(クレイ)を配合して、その吸着力で汚れを落とそうというクレンジング(せっけん)と、詰まっている角栓をまず酵素で分解して落としやすくしようというスプレー。

前者は、せっけんを強力にしすぎるとお肌から必要なものまで洗い流してしまうので、そうではなく、多孔質である炭を利用してその穴に汚れをキャッチしてもらうという発想。クレイはエステでもパック使われる保湿効果が。

後者は、角栓が大きいままどうにかしようとするから難しいのであって、だったらまず毛穴に詰まっている状態で分解してしまえば出しやすくなるという発想。さらに、スプレーに他の有効成分も配合して保湿にも考慮。

両方とも、洗剤の洗浄力を強力にして何もかもを肌から剥がしてしまうのではなく、新発想ですよね。お肌をどう守りつつ、一方で毛穴レス美肌を作るには…と考えた結果なんでしょうね。

参考サイト:毛穴ケア

再生医療の医療だけではない試み

ヒト幹細胞が医療のいろいろな方面で利用できることがニュースになってからもう何年も経ちますが、ヒト幹細胞の利用ってもう医療方面だけではないんですね。最近、化粧品の分野など、日常的な分野にも進出しているようで驚きました。

よくよく考えれば当然なんですが、体の部位のいろいろな細胞が再生できると考えたら、病気やケガ以外にも人の体のいろんなところに、つまり、医療系ではない、健康面や美容面でも利用しようと思う人がいるわけです。 うん、納得。特に最近は、ほら、ここのところずっとエイジングケアが流行りだし、いろいろなサプリが流行っているのを見てもわかるように健康志向も高いから。

と言うわけで気がついてみたら女性としては「んんん? ヒト幹細胞エキス入り美容液?化粧品にも使っちゃうの?」とヒト幹細胞培養液エキス入り美容液なるものが出たときちょっとショックを受けましたが、すっかり人気で定着したようです。

「エイジングケア」と言う言葉自体がそのずいぶん前から定着していましたが、まさにそのエイジングケアを気にする人が本当に求めているのは、お肌の若返り、つまり肌細胞の活発な再生。出来れば赤ちゃんのように細胞が活発に入れ替わって欲しいと言うことでしょうが、まあ、それは無理にしても、望んでいる「細胞の活性化」「ターンオーバーの活発化」といったことに、ヒト幹細胞がまさにぴったりはまった感じなのでしょうね。実際は化粧品に使われているのはヒト幹細胞培養液だそうですが…。

それにしても、お肌のエイジングケアが気になる人たちが、ヒト幹細胞培養原液とか、ヒト幹細胞培養液原液入り美容液とか、新しく開発された製品を試してみているわけなんですね。

メーカー側の女性たちの期待感を感じて次々と新製品が発売されています。やっぱり加齢でお肌の状態に悩める女性たちが次々と試してみて市場が広がっているんですね。

そんなわけで、ヒト幹細胞培養液入り美容液は、ここのところヒト幹細胞培養液原液の配合量を競い合うようになってきたようです。15%とか、25%とか、さらなる高濃度を売りにエイジングケアに悩める女性たちを魅了しているようです。

詳しくはこのあたりを参照 ↓
https://hashersunited.com

スキンケアの基本の洗顔。泡立つ洗顔フォームでお肌がうるおう

洗顔フォームを手のひらで泡立てるのが苦手です。周りの友人はクリーム状に泡立ててからお顔を洗っています。

若いときは手のひらで軽くなじませたあとに、すぐ顔にのせていました。顔の上で「ゴシゴシ」と泡立てるようにして洗っていました。顔の上で「ゴシゴシ」洗うのはお肌に摩擦を起こしてしまい、すごくダメージを与えていました。

毎日のことで、繰り返されたお肌は「ボロボロ」になっていたのです。

洗顔でお顔がうるおっていないと次に使う化粧水などの浸透がよくないし、お肌のくすみ、たるみ、シワの原因にもなっていたのです。お肌のスキンケアは洗顔からだと実感しました。

私はエイジング効果のあるスキンケアをしています。そのシリーズから洗顔がでていますが今まではチューブタイプの洗顔フォームを使っていました。

その洗顔はなめらかだし、洗顔後の「ツッパリ」もなく、お肌がうるおっていますが泡立てるのが苦手な私は毎日が大変でした。

そこでドラックストアで購入した泡立ちがよくなるスポンジを購入しました。そのスポンジは簡単にクリーミーな泡をつくってくれます。

手のひらで泡立っている洗顔フォームをお顔になじませてやさしく洗い流すだけでいいのです。そのスポンジを使ってからは洗顔がすごくらくになりました。ただ使ったあとはきれいに洗いよく乾かさないと不衛生だと思いました。

だから同じスポンジを何個か買って衛生的に使っていました。でも、ちょくちょく買い替えるのでコスパはよくないですよね。

悩んでいたら私が使っているスキンケアから泡ででてくる洗顔フォームがでていたのです。洗顔はチューブタイプだけだと思い込んでいた私にうれしい情報でした。

初めから泡ででてくる洗顔フォームだったらスポンジを使わなくていいので衛生的だし、経済的です。泡ででてくる洗顔フォームはやわらかい泡でとってもクリーミーです。スッキリ汚れを落として、洗い上りはうるおっています。

洗顔のあとに使うスキンケアの浸透がすごくよくなりました。私が使っているスキンケアのシリーズからでている洗顔フォームだからほかのスキンケアの効果をあげてくれました。洗顔を変えるとスキンケアがたのしくなりました。
https://getcp.jp/

薄毛や白髪は髪の老化

肌にシミやシワが増えてくるのと同じように、年を取ってくると髪も老化するようです。
髪のボリュームがなくなったり、髪が見やすくなったり、遺伝や生活習慣による個人差はあるものの、
30代以降になると、ほとんどの人が髪に何らかの変化を感じるようです。
そんな髪の老化現象として最も代表的なのが薄毛と白髪ですね。

薄毛は、正式にいうと男性型脱毛症または壮年性脱毛といわれて。います
男性は薄毛になるのは早くて20代後半から始まり、女性の場合でも40代以降に薄毛の減少がおこる場合があるようです。
男性は頭のてっぺんや生え際から髪が抜けていって、女性は頭のてっぺんを中心に全体的に薄くなっていく傾向のようです。
また、薄毛は基本的に遺伝によっておこるそうです。

たとえば両親が薄毛じゃなくても、家系に薄毛の人がいれば、薄毛が遺伝する可能性があるんだそうです。
こんな話聞いたことありませんか?
薄毛は隔世遺伝するから、祖父の髪が薄かったから自分も薄毛になるだろうなどという話。
でも薄毛は単純に受け継がれる遺伝子の確立によっておこるので隔世遺伝の認識は正しくないようです。

ただ遺伝だけでなく、食事が偏っていたり、睡眠不足が続いたりといった不規則な生活習慣も薄毛に影響するので、
家系に薄毛の人がいなくても薄毛になる可能性はあります。
白髪の場合は薄毛ほど男女の差はないようです。
白髪が発生する平均年齢は男性で30代前半、女性で30代後半に白髪になる人が多いようです。

白髪は、毛球で髪が生成されるときに色素細胞であるメラノサイトが減ったり正常に機能しなくなったりすると白髪が生えてくるようです。
ただ、白髪が生えてくる仕組みは分かっているんですけど、老化以外の白髪になる原因はまだ解明されていないようです。
頭皮を健康に保つことが白髪の予防につながると考えられているようです。
私は40代前半くらいから白髪が生え始めて、今では白髪染めをしないと耐えられないくらい白髪が増えました。

なので月に一度は白髪染めをしていますが、白髪染めのせいか、髪の毛が傷んだり、ツヤがなくなったり、
月に一度の白髪染めでは白髪染めが薄くなってきて、また染めなきゃと思うくらい白髪に悩まされています。
白髪のことを調べているときに白髪染めをしていても髪がツヤツヤするシャンプーがあって、そのシャンプーは泡立たないクリームシャンプーというシャンプーでした。
白髪染めをしている人には、いいことが書いてありました。
なので、ドラックストアを何件か探しましたがクリームシャンプーなんて売っていませんでした。

もっと詳しく調べたら、通販でしか購入ができないシャンプーということが分かりましたのでクリームシャンプーの公式サイトで買ってみました。
泡立たないので洗ってる気がしなかったんですが、髪がツヤツヤしてる感じがして買ってよかったです。
よかったらクリームシャンプー使ってみてください。
私が参考にしたサイトがこちらです。

気になる大人ニキビに使っているスキンケア

私は、普段凄く肌が荒れるというわけではありませんが、生理前や季節の変わり目などに大人ニキビがてんてんとできてしまいます。中には結構大きいものも…
できるのは大体あご、フェイスラインで、ファンデーションで隠そうと思ってもボコっとして目立つんです。

ニキビとか肌荒れっていくつになっても嫌ですよね。
朝、鏡をみるのが憂鬱な気持ちになります。
私は、色んな大人ニキビケア用品を試してきましたが、その中でリピートしているものを紹介します。
今使っている洗顔、化粧水、乳液はライン使いで、富士フィルムのルナメアACです。

大人ニキビに特化したラインで、肌荒れをおさえてくれます。
洗顔は、ルナメアACファイバーフォーム。泡立てネットを使わなくても、もっちりとした泡が作れます。丁寧に濃厚な泡で洗うだけで気分はリフレッシュします。
ただ、乾燥肌の方には少し不向きです。
化粧水は、さっぱりとしっとりの2種類があります。
夏にさっぱり、乾燥の気になる季節や、冬にはしっとりと使い分けするのがおすすめです。
さっぱりタイプは、さらりとした水のようなテクスチャーで、肌に乗せると少ししっとりするかな?といった感じです。普段からオイリー肌の方には季節問わずさっぱりがおすすめです。

しっとりタイプは少しとろっとしたテクスチャーです。こちらは結構お肌が吸い付くようにしっとりします。普段からしっとりする肌感が好きな方にはしっとりタイプがおすすめです。
乳液はジェルタイプになるので、普通の乳液に比べるとさっぱりしてると思います。
物足りなさを感じる方も中にはいるかもしれません。
私は皮膚科から、オイルフリーのものを使う様言われたので、ジェルタイプでちょうどいいかなと思っています。

ただ、目の下、ほうれい線などはもう少ししっとりさせたいので、プラスで別ブランドのアイクリームを使って保湿するようにしています。
ルナメアACを使いだしてから、ぽつぽつと何個か出来ていた大人ニキビが、1個できるかできないかくらいに減りました。
値段もそこまで高額ではないし、薬局に置いてあったりもするので、手に取りやすいかと思います。大人ニキビに悩んでいる方に試して頂きたいです。

https://www.sayzoop.com/