歯科でのホワイトニング方法

歯の黄ばみなど、色素が沈殿してしまい悩み事となっている方が存在しています

このケースでは、自宅でホワイトニング用の歯磨き剤などを使って綺麗に汚れを除去する方法もありますが、自力で対処できない場合では、歯科でホワイトニングを行う手段が用意されています

歯科での方法に関しては、いくつもの段階が用意されていて、まずは、歯石を除去した上で歯の表面をクリーニングする方法があります

この場合では、ヤニなどを除去することができ一定の白さに戻すことができますが、この状態に満足できない方のケースでは、メインとされるホワイトニングの手段を選択できます

薬剤を塗布してから、光を照射することになり、歯科で行う場合では一般的にはオフィスホワイトニングという名称を用いることになります

オフィスの場合では1回に1時間程度の時間を要することになり、通常では3回程度の施術を受けることで綺麗な歯の色を取り戻すことができます

この方法では、ホームホワイトニングと呼ばれているものもあり、歯型を取ってから専用のマウスピースを制作した上で、薬剤をマウスピースに塗ってから装着する方法があります

この場合では自宅で自らがホワイトニングを行うことになり、通常では2週間程度の期間を継続することで、綺麗な歯を取り戻すことができます

他の手段としては、ラミネートベニヤを利用する施術方法もあります

歯の表面を削り、セラミックのラミネートベニヤを張り付けることが可能とされており、正面からの見た目上は美しい白色の歯を保つことができるものです

薄くて丈夫な素材になり、簡易的に歯を綺麗にすることに向いている手段になります

最後にオールセラミックの技術が用意されています

歯の全てをセラミックの歯に交換することになり、本物の歯以上の美しさを保つことができる方法になり、高いレベルで白い歯を手に入れたい方にとって、最適な方法として挙げることができます

ホワイトニングといっても数々の手段が用意されているので、本人に最適なものを選ぶことが何よりです

近頃は自宅でできるセルフホワイトニングも多いですがしっかりと黄ばみに働きかける医薬部外品の歯磨き粉がマストです。こちらのhttps://cwill.main.jp/薬用からドラッグストアまで様々なセルフホワイトニングやマウスウォッシュを見ることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です